【特報】ドラマCD 2017年6月28日発売決定!!

ディメンタルマン ロイドのカルテ

この戦いは、カルテに記載される。 『TIGER&BUNNY』さとうけいいち×『トリニティセブン』サイトウケンジ超強力タッグが贈るメンタル・ダイブ・アクション! [原作・イラスト]さとうけいいち [著]サイトウケンジ Now On Sale

Character(キャラクター)

昨年、好評を頂いた「ディメンタルマン ロイドのカルテ」のドラマCDの発売が決定いたしました。ドラマCDではノベル版「ディメンタルマン ロイドのカルテ」に収録されたエピソードのほか、新規エピソードも収録。また、小野賢章さん、梅原裕一郎さん、津田健次郎さんなどの豪華キャスト陣をお迎えし、より濃密な「ディメンタルワールド」を表現してくださっています。CD初回特典には小野さん、梅原さんのキャストトークも収録が決定しています。

「ディメンタルマン ロイドのカルテ SOUND SHOT」6月28日(水)発売/発売元:karasfilms株式会社

【CAST】キリアン・ロイド(小野賢章)トキオ・ロイド(梅原裕一郎)レイチェル・ユマ・ローナン(佐藤美由希)アンケスト(津田健次郎)ガフ・イーストサイド(横島亘)レイモンド(岩崎正寛)エリザベス・ブルーム(篠田みなみ)

心の闇に潜み人々を変容させる凶悪なウィルス=ディメンタル。それを唯一治療できるのが、「ディメンタルマン」である。ドレッドノート・シティのドクター、キリアン・ロイドとトキオ・ロイドは、正反対の性格ながらも抜群のコンビネーションで人々の心に潜むディメンタルと対峙。母子のすれ違い、愛する人の嘘やトラウマにつけ込む敵に対しスタイリッシュに、時には熱い心で立ち向かっていく。これは人類にとって最悪の敵と戦う二人のヒーローの、いや、二人のドクターの物語。超強力タッグが放つメンタル・ダイブ・アクション!

Character(キャラクター)

キリアン・ロイド(Dr.Cillian Lloyd)軽口をこよなく愛し、女性を見たら口説かずにはいられない優男。一見おちゃらけた言動や風貌に反して、ディメンタルマンとしては確かな腕を持つ。どんな苦境に陥っても軽口で返すムードメーカー。
トキオ・ロイド(Dr.Tokio Lloyd)ロイド診療所の院長を務める東洋系のディメンタルマン。ロイド家には養子として入った。堅物な性格で仕事にはプロとして強いこだわりがある。いかなる状況でも冷静に対応できる頼りになる男。
レイチェル・ユマ=ローナン(Rachel=Uma=Ronan)キリアンとトキオの二人の助手をしている妙齢の女性で、滅多なことでは表情を崩さないクールビューティ。将来的なディメンタルマンとなるために、二人の下で働いている。

Keywords(キーワード)

ディメンタル(Demental)
人の心の闇に潜み、人々を変容させるウィルスの総称。ディメンタル研究の大家ロバート・ロイドによってその存在が確認された。
ディメンタルマン(Demental Man)
ディメンタルを退治する専門医。あるいはその総称。古くは悪魔祓いやまじない師、精神分析医など時代や地域によって様々な呼称で呼ばれていた。ディメンタルの存在が確認された現在では、国家公認の存在となっている。
ドレッドノート・シティ(Dreadnought City)
イギリスの地方都市。キリアンとロイドが務めるロイド診療院があり、物語の舞台となる場所。

Creators(原作者&著者情報)

さとうけいいち(Original Work , illust)

監督

アニメ、特撮、実写映画などジャンルを問わず、数多くの作品を手掛ける。主な作品に『TIGER & BUNNY』、『神撃のバハムート GENESIS』、『GANTZ:O』など。

サイトウケンジ(Writing)

小説家、漫画原作者

ライトノベル、漫画原作などを手掛ける。主な作品に『101番目の百物語』『トリニティセブン』『レッドナイト・イブ』など。

Information(書籍情報)

NOVEL 0 ディメンタルマン ロイドのカルテ

  • [原作・イラスト] さとうけいいち
  • [著] サイトウケンジ

2016年9月15日 ON SALE

  • 購入
  • 試し読み
Pagetop